山頂に待つものとは? クワバル古墳

  • クワバル古墳
  • 豊玉町
  • post1925-1

    対馬にある魅力的な歴史を発掘したいいぃぃぃぃ!

    「春がくる あぁ~食べたいな 山の山菜」

    あ! どうも! ツシマト編集部のユッピーです!

    今回は、対馬市豊玉町曽にある「クワバル古墳」を紹介します。

    え!

    あのクワバル古墳です!

    私も実は遺跡と古墳の違いがわからないので、検索してみました。

    遺跡とは「過去の人々の生活の痕跡がまとまって面的に残存しているもの」

    古墳とは「その当時、権力があった方の墓・および工作物、建築物、土木構造物の単体の痕跡、施設の痕跡」

    だそうです! では、どうぞ!

    クワバル古墳


    post1925-10出典: 長崎県の遺跡大辞典

    対馬市豊玉町曽クワバル

    クワバル古墳は、長崎県対馬市豊玉町曽にあり、箱式石棺1基とそれに伴う遺物として勾玉、管玉、ガラス小玉、土師器、陶質土器が出土している。
    対馬の墳墓は海に面した丘陵先端部に築かれる事が多く、本遺跡のように内陸部の丘陵上に作られる例は珍しい。

    ということで、行ってみましょう!

    ここが入り口です!

    post1925-2

    よっしゃぁぁぁぁ!

    post1925-3

    頑張るぞ!

    post1925-4

    意外と遠いな・・・

    post1925-5

    やっと着きました! これがクワバル古墳です!

    post1925-6

    post1925-8

    post1925-7

    なにか石棺のようなものがあります!
    古墳と聞いたら、歴史で習ったような前方後円墳とかそういうものをイメージすると思うんですが、これも古墳なんですね。
    また一つ学びました!

    まとめ


    post1925-9

    いかがでしたか?
    クワバル古墳!
    途中であきらめかけましたが、なんとか行けました。
    登ってる途中のワクワク感を、頂上の気持ち良さを、ぜひ体感してもらえたら嬉しいです!

    では最後に!

    クワッツククククワッツバアァァァァァlリャアァァァッァァゥゥゥ!

    ユッピー

    記憶より記録を残したい孤高の独身貴族。
    ツシマトのムードメーカーであり、いじられ役。

    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう!