[シリーズ] 対馬の車窓から vol.1 〜洲藻〜

  • 対馬の車窓から
  • 洲藻
  • post1977-10

    デデンデンデンデデーデデーデーデー♪
    デンデンデンデン♪
    デデンデンデンデデーデデーデーデー♪
    デ~・・・♪

    こんにちは。ツシマト編集部のしぐまです。

    始まりました「対馬の車窓から」シリーズ!
    ツシマトが始まってからやりたいなと思っていたこの企画。

    突然何言ってんのこいつ? って思ったあなた!
    どうかお付き合いください!

    さて、この企画どんな企画かというと

    対馬のいろんな土地をゆく!

    それだけの企画です。

    でも、それが!

    その地元感が!

    大事だと思うんです。

    そんな記念すべき第1回!

    はりきって行ってみましょう!

    辿り着いた 美津島町「洲藻」


    post1977-11

    美津島町洲藻

    今日ご紹介するのは美津島町の洲藻

    洲藻の名前の由来


    post1977-5

    「巣棲之里=巣に住まう里」というのが略されて「すも」に変わったとされてるみたいで、砂州が広がる様子と樹木が茂る地形が「洲藻」となったのではないかとも考えられています。

    古くには須茂や須毛と書かれてる古文書があったとかなんとか。

    洲藻の風景


    post1977-7

    post1977-9

    post1977-8

    おいしそう・・・。

    post1977-10

    post1977-6

    post1977-3

    すっぽんディフェンスが得意そうな名前ですね。

    post1977-12

    post1977-14

    post1977-13

    そして、この川!!

    「洲」に「藻」な感じがすっごくしますね!!

    ちなみにこの川、河童(対馬でいうガッパ)がでるという伝説があるとかないとか・・・。

    post1977-15

    post1977-17

    洲藻橋じゃないんかい! ってひとりでツッコんでしまいました。

    中原さんていう人が作ったのかな?

    post1977-4

    洲藻は対馬の有名な山 白嶽 の登山口でもあるみたいです!

    次の機会にアタックしたいな!

    まとめ


    post1977-2

    いかがでしたか?
    川の感じが個人的には「洲藻」という名前にピッタリでステキな土地だなぁと思いました。
    川の上流は白嶽にずっと続いているみたいです。今度、源流まで行ってみたいと思います。
    そして、白嶽にも登ってみたいと思います!

    ~おわり~

    関連商品

    ワールド・トラベル~「世界の車窓から」
    TVサントラ フェイ・ウォン ビョーク サリフ・ケイタ マイケル・ブレッカー・フィーチャリング・ジェームス・テイラー エリック・クラプトン
    ユニバーサル インターナショナル (2003-10-22)
    売り上げランキング: 52,596

    しぐま
    ハンドクリームの収集癖がある厨二病患者。
    必殺技は「超高速オクラホマミキサー」
    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう!