時代を超えて愛される店「だがし・おもちゃ はらだ」

  • だがし・おもちゃ はらだ
  • 美津島町
  • 駄菓子
  • post1859-1

    どうも。甘い物は世界を変えると信じてやまないキヨです。

    私は小さな頃から甘い物が好きだったんで、よく友達と駄菓子屋さんに行ってました。

    そんなわけで今回は、今も子供に愛される駄菓子屋「はらだ」さんへ。

    ちなみに、私が通ってたときの風貌はこんな感じです。

    post1859-2

    通常進化です。

    神様はいじわるです。

    だがし・おもちゃ はらだ


    post1859-3

    長崎県対馬市美津島町 だがし・おもちゃはらだ

    お店は美津島町雞知の樽ヶ浜にあります。

    よっしゃ着きました。懐かしさ満点です!
    いきまーす!

    お菓子が昔と変わらず並んでいます。
    懐かしいお菓子もいっぱい。

    post1859-4

    post1859-5

    post1859-6

    post1859-7

    コレめっちゃ懐かしくないですか?
    いいわ〜

    post1859-8

    post1859-9

    30代男子のみなさん。ドラゴンボールのめんこがあります!
    子供の頃、数百枚は持ってました。すごく流行ったんですよ!

    post1859-10

    小さい時は10円〜20円のお菓子がすごく嬉しかったな〜。

    post1859-11

    post1859-12

    post1859-13

    「ラッキーつかみどり」はパート3みたいです。
    パート1とパート2が気になります。

    post1859-14

    post1859-15

    post1859-16

    post1859-17

    個人的にはこのシリーズ好きです。

    post1859-18

    竹とんぼも売ってあります。

    post1859-19

    店内では、このバケツにお菓子を入れて買い物します。

    post1859-21

    まとめ


    post1859-20

    いかがでしたか?

    私は懐かしすぎてテンションが上がりっぱなしでした。

    入った瞬間に、よく一緒に遊んでた友達の顔が浮かびました。

    よく行ってたかたも行ったことがないかたも是非行ってみてください。

    なんとも言えない懐かしさを感じていただけると思います。

    今度は私も娘を連れて行ってみようと思います。

    では、また。

    キヨ
    ツシマト 副編集長
    対馬バーガーkiyo 代表
    TSUSHIMA BORDER ISLAND FES」共同実行委員長

    対馬生まれ対馬在住。
    口癖は『残すなら俺にくれ』一生食べ盛りなおじさん。

    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう!