朝鮮国王姫の墓で、対馬と韓国の歴史を知る

  • 上県町
  • 朝鮮国王姫
  • post4456-1

    雨♪雨♯降れ♫降れ♫母さんが♭
    もうすぐ梅雨になりますが、皆さん、どのようにお過ごしでしょうか?
    どうも! 編集部のユッピーです。

    対馬にはたくさんの韓国の方が来島されています。
    対馬と韓国は昔から貿易などの交流が盛んで、両地域には強い関係性があります。
    では、皆さんは対馬に朝鮮国王妃の墓があることを知っていますか?
    知っている方・知らない方もいますので、紹介します。

    朝鮮国王姫の墓に行ってみた

    長崎県対馬市上県町女連645番地

    久原から佐奈豊(さなで)トンネルを通り、女連(うなつら)に入ってすぐに佐奈豊公園があります。

    post4456-2

    大きな運動場!!!!

    post4456-3

    脇の道を少し歩くと何か見えてきた!!!!

    post4456-4

    休憩所みたいなところのとなりに・・・・

    post4456-5

    朝鮮国王妃の墓がありました!!!

    post4456-6

    この地域は、豊臣秀吉が朝鮮に出兵した文禄・慶長の役の際、某武将が朝鮮国王の姫を連れてきたり、その姫が亡くなるとき、母国の見える所に葬ってほしいと言い残して黄泉の国に旅立ったという伝説があるそうです。
    そんな物語と墓は、数百年間大事に語り継がれ、護り継がれています。
    墓石の正面には、『李昖王姫』、側面には『慶長十八甲寅年(1613年)』の銘があり、李昖は第14代朝鮮国王宣祖(1568~1608)を指すとのことです。

    post4456-8

    墓から見える海ですが、この日は曇っていました。
    今でも、韓国をここから見届けているのでしょう。

    ユッピー
    記憶より記録を残したい孤高の独身貴族。
    ツシマトのムードメーカーであり、いじられ役。
    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう!