5月1日はヒトツバタゴを見に行こう! みんな約束だぞ! 

  • 5月1日
  • ヒトツバタゴ
  • post3874-1

    どうも。ツシマト編集部のキヨです。

    対馬のこの季節の風物詩と言えば?

    そう。

    ヒトツバタゴです!

    ヒトツバタゴとは

    ヒトツバタゴはモクセイ科の大陸系植物で、古代より大陸への窓口であった対馬を象徴する植物として、対馬市の木に指定されています。
    対馬北部の鰐浦地区は国内最大の自生地であり、5月初旬の開花期には3,000 本といわれるヒトツバタゴが一斉に白い花を咲かせ、初夏に積もる雪のようです。
    波の穏やかな日には、山を白く彩るヒトツバタゴの花の影が海面を白く染めることから、「海照らし」の別名で呼ばれています。
    昭和3年、国の天然記念物に指定
    平成21年3月、「島の宝100景」(平成21年3月)認定

    post3874-2

    そして、なぜ5月1日に見に行った方が良いのか?

    それはイベントが目白押しだから!!

    絶対損させませんよ!!!

    まずはこちら。

    post3874-3

    ひとつばたごウォーク

    post3874-4

    スタンプラリーもあります。

    色々な場所を巡りながら自然を楽しめる!!

    最高ですね!!

    続いてはコチラ!!

    post3874-5

    ひとつばたご なんじゃカーニバル

    post3874-6

    出店も激安ですね〜!!

    行くしかない!!

    post3874-7

    満開のひとつばたごを見ながら美味しい物を食べれる。

    最高ですね!!

    ぜひ、皆さん5月1日は上対馬にヒトツバタゴを見に行きましょう!!

    約束ですよ!!

    では、また。

    キヨ

    ツシマト 副編集長
    対馬バーガーkiyo 代表
    TSUSHIMA BORDER ISLAND FES」共同実行委員長

    対馬生まれ対馬在住。
    口癖は『残すなら俺にくれ』一生食べ盛りなおじさん。

    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう!